ソーシャルゲームの人口分布はどうなっている?

ソシャゲの人口分布

ソーシャルゲームをプレイするユーザーの年齢層はどれくらいなのでしょうか?
ファミコン時代は「ゲーム」といえば子どもたちがやるものでした。

たまにゲームセンターに、不良と呼ばれる高校生や外回りのサラリーマンがいた程度です。

ゲームの世界観によるところは大きいですが、多くのソーシャルゲームには年代によってユーザー数にそれほど差異はありません。

ソーシャルゲームのユーザーは10代、20代、30代、40代とほぼ同数なことが多いです。

スマホ所有率が低い団塊の世代を外すと、一番人口が多いそうは団塊ジュニアで、スマホゲームをする割合が少なくてもユーザー数としては他の年代とほぼ同数になります。

ちなみに世代ごとの総売上が一番多いのは、一般的に30代です。

当然ですが一番課金しないのは、カード払いが出来ないお小遣い制の10代になります。

ソーシャルゲームの年代層

30代以上のおじさんが大量課金
課金者の一人あたりの単価が高いのは、いわゆるおっさん層の40代です。
40代の課金ユーザー像をシミュレーションしてみましょう。

彼らは子供の頃にファミコンがあり、小さい頃からゲームに触れてきた最初の年代です。
それから30年。家でゲームはしなく鳴ったけど、通勤中にスマホはいじります。
自分の子供や甥っ子、姪っ子がDSやWiiをやっていて、一緒に遊んだりしているので今でもゲームには全く抵抗がありません。

そんな中年層には、独身者とお小遣い制既婚者による格差社会があり、お金に余裕のある一部の大人が金に物言わせて札束で殴り合っています。

次は、30代課金者の場合。

物心ついたときには家にゲームが有った世代です。
小中学校時代にはスーパーファミコンがあったし、高校生になる頃にはプレステがありました。PCやインターネットにも抵抗がない層です。

日本の既婚率から言うとまだまだ独身の人も多い。既婚者でも子供はいなかったりするでしょう。
20代の頃と比べたら貯金もできたし、会社での実績も積んできた。金を使うことにうるさく言う人もいない。平均的に見れば30台はソーシャルゲーム課金者としては最強です。

そして10代20代の層ですが、課金はしないけど時間はあります。彼らは、ソーシャルゲームに時間を使って課金者に匹敵する強さを身につけます。
時間がある若い年代と、時間はないけどお金がある30代40代が対立することで、ソーシャルゲームが盛り上がるのです。

健康的に痩せるには、置き換えダイエットが一番です。
セブンデイズカラースムージー

壁の塗り替えの一括見積もりサイト
ヌリカエ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です